フィンランドの必食グルメはサルミアッキだ!世界一不味いアメを味わってみよう!

フィンランドといえば最近、『かもめ食堂』という映画の舞台になったことで、日本人の観光客も増えているという流行りの国だ。古くから人気のムーミンもフィンランド出身だし、村上春樹の新作も舞台にはフィンランドが登場するという。

フィンランドは海と山に恵まれた土地だから美味しいグルメはたくさんある。でもここはあえてキャンディを紹介したい。しかも世界一まずいといわれるキャンディだ。

サルミアッキとはこれだ!

001

不味いお菓子というジャンルは面白い。日本でもジンギスカンキャラメルなどが流行った時期があっただろう。でもサルミアッキはジンギスカンキャラメルとは違う。ジンギスカンキャラメルは地元の北海道でも全く親しまれていないお菓子だが、サルミアッキはフィンランド国民の心だ。でも世界一不味いと言われる。不憫だが面白い。

サルミアッキの主原料は塩化アンモニウムだ。化学物質が主原料のお菓子なんて聞いたことがないだろう。色は黒くて味はしょっぱい。しょっぱさの中にアンモニア臭やハーブの感じもある

実際これは好き嫌いが分かれると思う。僕もこれが世界一不味いと言われることは理解できるものの、そんなに嫌いじゃなかった。独特の味付けの塩アメという感じで、夏になめたら美味しそうだ。ソルティーライチの次に流行るかも知れない。

現地で食べるのはもちろん、お土産として買って帰って反応を楽しむのも良いだろう。でも会社の上司や同僚へのお土産にはできない。社内でも評価が下がる可能性があるからやめておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
QLOOKアクセス解析